So-net無料ブログ作成
検索選択


第4世代インテル Core プロセッサー搭載パソコン特集

WiMAXを契約してみた:BIC WiMAX SERVICE編 [WiMAX]

ビックカメラの店頭で、Try WiMAXレンタルという
WiMAX端末の15日間無料レンタルサービスを借りていたのですが、
今日、端末を返却しに行ってきました。

正直、あたしは 自宅のネット回線的な使い方をするつもりはないので、
外出したときや、バックアップ回線用に
WiMAXを利用したいと思っているのですが、
契約をするかどうかは躊躇していましたw

なお、WiMAX に関しては、以下の過去記事もご参照下さい。

過去記事:
WiMAXってなに?3Gサービスとの比較
WiMAXを使ってみた、通信速度の計測結果
WiMAX使うなら、どこがいちばん安い?各社WiMAX利用料金のまとめ(2010年8月)

肝心の速度に関しては、上の過去記事でも記述したとおり、
エリア内であれば、予想以上に使えるな、というのがあたしの感想です。

電車で移動中でもほとんど通信が途切れることはありませんでしたし、
自宅でも下り速度 5Mbps 以上は出ているので、
契約するならば、あとは価格次第かな、というところでしたw


WiMAXは、過去記事にもあるように、
UQ WiMAXのインフラを借りて各社が独自のWiMAXサービスを行っていますが、
正直、月額料金にそれほど大差があるわけではありません。

ただし、@nifty や BIGLOBEなど、
既存のインターネットプロバイダのWiMAXサービスですと、
メールアドレスがついてきたりしますので、
自宅のネット回線として使用するならば、こちらのほうが使い勝手が
よいかとおもいます。


では、本題。
あたしが、なぜ BIC WiMAX SERVICE を選んだのか。

正直、もうどこでも良かったんですw

というのは、半分くらい本当で・・・

前述のとおり、メインのネット回線として使うわけではないので、
1日利用プランが後々使えることが前提でした。
各社のサービス内容は、
WiMAX使うなら、どこがいちばん安い?各社WiMAX利用料金のまとめ(2010年8月)
を参照してください。

あとは、価格。
正直、どこも横並び状態で、それほど大きな大差はありません。
どちらかというと、端末価格による差が大きいと思います。



ここからは、BIC WiMAX SERVICEの話になります。

まず、端末料金について。

定額プラン もしくは W定額プランを同時に申し込みますと、
USB接続タイプの端末が 800円で手に入ります。
(1日利用プランは対象外です)

この端末は、シンセイコーポレーションのBDSS02です。
これですね。

wimax_BDSS02K.jpg

Try WiMAXレンタルで借りたものの新しいバージョンで、
BIC WiMAX SERVICE専用の端末になりますが、
店頭の人の話によれば、若干スピードが向上しているそうです。
(これに関しては、また後日検証しますw)

また、WiMAX端末は各社から発売されていますが、
シンセイ製のものは、比較的感度が良いと評判のようです。


次に、利用料金について。

初回の月は、契約をした日からの日割り計算による利用料金と、
契約手数料 2,835円になります。
次の月からは、キャンペーン価格ですと 12ヶ月間 3,780円になります。

30日以内に解約をすると、2,100円の手数料がとられます。


では、端末を格安で手に入れて1日利用プランを利用したい場合
どうすればよいのでしょう。

まず、定額プラン ないしは W定額プランで申し込みます。
そうすれば、800円で端末が手に入ります。
そして、31日後に定額プラン ないしは W定額プランの解約をします。
この間の利用料金はかかりますが、
契約手数料を入れても 合計8,000円弱です。

定額プランの期間中は使い放題ですから、この分を入れても
お得だと思います。

解約をした後は、ポータルサイト上で1日利用プランを
契約できますし、
再度、定額プランを申し込むこともできるようです。


ということで、WiMAX端末のみを買うのは高くついてしまうので、
あたしは、この方法で契約することにしました。
どこかの3Gサービスのように、2年縛りがないっていうのは、
WiMAXの大きな利点だと思います。


ちなみに、こんな質問を店頭の人にしてみました。

「今回購入したUSBタイプではなくて、ルータータイプの端末が後で欲しくなった場合、
 また安い料金で購入できるんですか?」
(ルータータイプの端末も、契約と同時購入すると結構安く入手できます)

上の答えは、YES。
1人2回線(端末)まで新規契約できるから、だそうです。

なお、1契約で2つの端末を使い分けることも可能で、
+200円かかるものの、この場合も、
端末をお安く購入することができるそうです。
この場合、2つの端末を同時に接続することは出来ないとのことです。



サービスエリアまだまだ狭いですが、
WiMAXサービスは今後確実に成長していく通信サービスだと思います。

みなさんも、是非検討してみてはいかがでしょうか。

今後も、WiMAX に関する記事を書いていきたいと思います。










タグ:WiMAX

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。