So-net無料ブログ作成
検索選択


第4世代インテル Core プロセッサー搭載パソコン特集

System Volume Information フォルダ内のファイルを削除する方法(Windows XP) [PC]

ある日、Avira AntiVir がウイルスを検知したと警告が出たのですが、
その場所が、System Volume Information というフォルダでした。

この System Volume Information というフォルダは、
システムの復元の際に用いるデータが保存されているのですが、
通常の方法ではアクセスできません。

KNOPPIX など、1CD Linuxから起動してハードディスクをマウントし、
該当のファイルを削除する方法もありますが、
CDを準備するのが面倒です。

以下に、一般的な方法を記述しておきます。
Windows XPの例です)

1. マイコンピュータ等のメニューから、[ツール(T)] → [フォルダオプション(O)...]
をクリックします。

2. [表示]タブ内の詳細設定で、以下の設定をし、[OK]をクリックします。
 - 「すべてのファイルとフォルダを表示する」を選択する
 - 「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」のチェック
  をはずす
 - 「簡易ファイルの共有を使用する(推奨)」のチェックをはずす

3. 該当の System Volume Information フォルダを右クリックして、
[共有とセキュリティ(H)...] をクリックします。

4. [セキュリティ]タブの [追加(D)...]ボタンをクリックし、
「選択するオブジェクト名を入力してください」の欄に、
自分のユーザ名を入力します。
ユーザを作っていない場合は、「Administrator」と入力しましょう。
[OK] を押して、すべて閉じます。

以上で、普通に System Volume Information フォルダにアクセスできるように
なるはずです。

この情報は、Microsoft の HPにもありますので、以下も参考にしてください。
System Volume Information フォルダへアクセスする方法


なお、Windows Vista の場合は、同様の操作をしてもアクセスできませんでした。
Vista の場合は、1CD Linux を立ち上げて削除したほうが早いと思いますw

タグ:PC Windows XP

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。