So-net無料ブログ作成
検索選択


第4世代インテル Core プロセッサー搭載パソコン特集

続・So-netブログでGoogleの検索順位が低下した原因と対策 [その他]

先日、ある日を境に Google の検索結果からの訪問者が激減した記事を
書きました。

So-netブログでGoogleの検索順位が低下した原因と対策

結局、「何らかのペナルティ」により検索順位を大幅に下げられたのが
原因だったのですが、今回は、対策後の状況を報告します。

結論から申しますと、無事に検索順位が回復しました

前回も示した、検索結果からの訪問者数(セッション数)のグラフです。

analytics_search_02.png

ご覧のとおり、9日間程度は検索からの訪問者が殆どいない状態ですが
9月20日あたりから再度上昇している様子がわかります。
0にまで落ち込んでいないのは、Yahoo検索からの訪問者も含んでいるからです。
(この間、Yahooの検索順位は普通でした)

このように見ると、「ヤフ」るより「ググ」る人のほうが
圧倒的に多いことがわかりますw
※ちなみに、Bing や Baidu など他の検索エンジンから来られる方は皆無です


結局、今回行った主な対策は、前回記述したものを含めて以下の3点です。


1. META タグの description をTOPページのみ表示するように変更した

2. 各ページにおいて、ページタイトルが重複しないように変更した

3. <strong>タグをすべて<b>タグに置き換えた


1 と 2 の対策方法は前回の記事で詳細に説明していますので、
そちらを参照してください。

今日の時点でGoogle ウェブマスター ツールを見ると

重複するメタデータ(descriptions)115
タイトルタグの重複42

(最終更新日:2010/09/20)

となっており、前回よりも若干値が低下しています。
しかし、まだ全てのページがクロールされていないのか、
修正したページに重複がある状態になっています。
この値は、今後減少していくのではないかと思います。

興味深い点として、上のグラフで訪問者が回復した日と
最終更新日の9月20日が同じ日だということです。

やはり、重複するメタデータ、タイトルタグの重複が今回の検索順位の低下に
大きく影響しているのではないか、と考えています。


ちなみに 3 の <strong>タグを<b>タグに置き換えた理由は、
<strong>タグを多用すると、ペナルティの要因になるという情報を見たからです。

この点に関しての真偽は分かりませんが、
<b>タグで済むものをわざわざ<strong>タグで強調しまくる必要は
無いのかもしれませんね。

So-netブログの記事編集画面にあるにある [B] ボタンを使うと、
<strong>タグが挿入されるので、これは使用しないほうが良いかもしれません。


今回の件は、Google に振り回されっぱなしだなぁという感じがしました。
検索順位を気にしなければ別に良いのですが、
ブログの内容的に、同じように困ってたりする方の手助けに少しでも
なれば良いなぁと考えていますので、やはり検索順位は上位であってほしいものです。

いやいや、広告のためでしょ?って言われるかもしれませんが、
実際、広告の収益は訪問者が多くても、ちっとも上がっていませんw


【追記】
9月23日の更新で、description、タイトルタグの重複数がさらに減少していました。

重複するメタデータ(descriptions)70
タイトルタグの重複30

(最終更新日:2010/09/23)

通常のページはさらに減ると思いますが、
携帯ページはHTMLテンプレートがいじれないので、どうしようもない状態です。
記事数が増えると、携帯ページの重複が加算され、またペナルティが発動する恐れがあります。
So-netブログさん、せめて robots.txt の使用が出来るようにしてくれませんかねぇ・・・
(と、問い合わせをしてみたいと考えています)


【さらに追記】
So-netブログさんに上記の件を問い合わせたところ、以下のようなご回答を頂きました。
(一部抜粋)

> 『robots.txt』の対応予定に関しまして、ご案内いたします。
>
> 誠に恐れ入りますが、現在のところ、『robots.txt』の
> 対応予定はございません。申し訳ございません。
>
> 上記につきましては、**さまからの貴重なご意見として、
> 今後のサービス改善への参考とさせていただきます。
>
> なお、本件につきまして、一度こちらでも何らかの
> 対処方法がないか確認を行わせていただきます。


何らかの対処方法は確認して頂けるとのことです。

少なくとも、robots.txt が使用できない、携帯用のHTMLテンプレートがいじれない、
という現状なので、
デフォルトの状態で description とタイトルタグの重複が発生しないように
して頂くしかないように思います。


nice! 7

コメント 4

としちゃん

ウェブマスターツールには、このように書いてあるんですよね。
>HTML の候補
>Googlebot でサイトをクロールした際に問題が検出されまし>た。これらの問題は Google 検索結果へのサイトの表示に>は影響しませんが、

しかし、結局影響ありありなんですね。

実は私のサイトも重複するメタデータ(descriptions)は約400件、タイトルタグの重複は約500件あります。

早速見直しましたが、タイトルバーに表示されてあまりかっこよくないんです。
貴重な情報をありがとうございました。

by としちゃん (2011-04-03 15:49) 

aoicchi

>としちゃんさん

コメントありがとうございますv
確かに、ウェブマスターツールでは、検索結果には影響しない旨、記述されていますね。

実際のところ、Google 先生がどのように判断しているのかは
謎ですが、これだけ明らかな変化があるということは、
無視できない要素であることは確かなようです。
by aoicchi (2011-04-05 03:53) 

しげる

ありがとうございました;;僕も同じ症状が出たので、早速手直ししました^^ほんと感謝します!
by しげる (2011-11-14 01:42) 

Makotomo

はじめまして。
Word Pressについての改善方法はよく見られますが、こちらのサイトを拝見することができて本当に助かります。
貴重な情報をありがとうございます。

まだこちらに記載されている改善方法は試しておりませんが、私も「重複するメタデータ(descriptions)」が500以上あります。

アクセス数が伸びないので「ヘンだな-?」と常々思っていたのですが、”HTML無脳症”というか、HTMLをいじるのが怖くてウェブマスターツールも敬遠していました。反省猿になっています。

あとstrongタグが危ないという情報も初めてですが、私のサイトもstrongだらけでした。(爆)

早速着手したいと思います。
重ねて、お礼申し上げます。
by Makotomo (2014-10-26 11:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: