So-net無料ブログ作成
検索選択


第4世代インテル Core プロセッサー搭載パソコン特集

iTunesで取得したアルバムアートワークをmp3に埋め込む方法 [その他]

Windows環境でのみ確認した内容です、Macでも同じだとは思いますが。

自分でリッピングしたCDのmp3を iTunesに放り込むと、
通常、iTunesが勝手にアルバムアートワークを取得してくれます。

ただし、iTunesで取得したアルバムアートワークは、mp3自体には書き込まれずに
別に保存されているようで、バックアップをとったり環境が変わってしまうと
すべて消えてしまうようです。

たとえば、Media Player で開くと、アートワークが埋め込まれてない場合、こんな感じに。

itunes_wmp_before.png


自分で画像を プロパティ の アートワーク に追加すればmp3に直接書き込まれる
ようですが、ネット上から探してきたり、スキャンしたりするのは面倒です。

そこで簡単な方法を。

iTunesが取得したアートワークを プロパティで表示させます。

itunes_pdlg.png

ペイント等を開き、表示されているアートワークをペイントにそのままドラッグします。
すると、アートワークがペイントで表示されます。

itunes_paint.png

iTunesで表示されているアートワークを一度削除し、 ペイント等に表示された画像をすべて選択して、iTunesのアートワーク上に貼り付けます。

はい、これだけで、mp3に直接画像が書き込まれます。
ためしに、MediaPlayer等で開いてみましょう。

itunes_wmp_after.png

アートワークがmp3に埋め込まれ、表示されました。

ちょっとだけ手間かもしれませんが、自分で画像を用意することを考えたら、
かなり楽だなーとは思ってます。


今すぐ使えるかんたんmini iTunes11基本&便利技
リンクアップ
技術評論社
売り上げランキング: 41,424


nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。